GoogleのサードパーティーCookie廃止スケジュールが再延期:広告主への影響と対策

Cookie規制・プライバシー関連

GoogleのサードパーティーCookie廃止スケジュールの再延期背景

近年、データプライバシーに関する意識の高まりにより、Googleが提供するウェブブラウザ「Chrome」で利用されていたサードパーティーCookieの廃止が大きな注目を集めています。これはウェブブラウザを通じて個々のユーザーの挙動データを収集、解析するという手法で、広告業界におけるターゲティング広告の効果を最大化するための重要なツールとなっていました。しかし2024年までの廃止とされていたこのスケジュールが再延期されるなど、その実現には時間がかかりそうです。その背景には、Googleの新たな広告配信システム「プライバシーサンドボックス」への移行が完全に進んでいないため、急な廃止は広告業界に大きな影響を及ぼす情勢があるからです。

広告主への影響

Googleの提唱するサードパーティーCookieの廃止は、広告主にとって大きな影響をもたらします。これまで、広告主は消費者の行動データを収集し、これを元に効果的な広告の配信を行っていました。しかし、この手法が廃止されることで、既存の広告配信方法を見直さざるを得なくなります。また、広告のパーソナライズが困難になるため、ROI(Return On Investment)の低下も予想されます。さらに、新たなデータ収集方法「プライバシーサンドボックス」への対応・移行には、広告主にとって時間とコストが必要となるため、一時的な業績の悪化も避けられないでしょう。

対策と移行期間

この大きな潮流の中で、広告主が取るべき対策とは何でしょうか。その一つとしては「ファーストパーティーCookie」の利用があります。これは自社ウェブサイトの訪問者の情報を直接収集する方法で、GoogleのサードパーティーCookie廃止によって影響を受けません。また、サードパーティーデータを利用する代わりに、CRMデータなど自社で保有するカスタマーデータの活用も重要になります。さらに、「プライバシーサンドボックス」への早期対応も必要です。Googleが提示するスケジュールに従い、段階的に移行していくことが求められます。これにより、サービスの品質低下を防ぎつつ、適切に広告効果を発揮できる体制を整えることができるでしょう。

広告業界の未来像

このようなデジタルマーケティングの大変革は、広告業界にとって大きなチャレンジをもたらします。しかし、それは同時に新たな可能性を秘めた変化でもあります。クッキー経済圏からID経済圏へと移行することで、よりインクリメンタルな広告効果を追求し、消費者の理解を深めることが可能となります。また、私たちのプライバシーを尊重する新たなアドテクを開癞し、その普及を実現することによって、広告業界は新たな価値を創造することができるでしょう。広告主は、この機会を捉えて、自社のデータ活用能力を高め、より効果的なマーケティング戦略を組み立てられるよう努めるべきです。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連