Google広告のCV計測の落とし穴と回避方法

person holding white android smartphone Google広告
Photo by Arkan Perdana on Unsplash

導入の段階での落とし穴

Google広告のCV(コンバージョン)計測は、WEBマーケティングの結果を数値化し、広告投資の効果を評価する重要な手段です。しかし、このCV計測を設定する際、ネット広告を設定する営業担当者の中には、細かい設定をオーバーライドしてしまう人も少なくありません。これは結果として、必要なデータが取得できない、もしくは不適切なデータが集まってしまうという事態を生む可能性があります。このような失敗を未然に防ぐためには、「何を」「どのように」計測するかを事前にしっかりと設定することが重要となります。

データ解析の誤り

CV計測のデータがしっかりと取得できても、そのデータの解析を間違えると、全く異なる結論を導き出すことになります。Google広告のCV計測においてよく見られる問題点の一つに、「データの解釈」があります。たとえば、「コンバージョン率」を計測する際に、全訪問者数の中からのコンバージョン数だけでなく、広告をクリックしたユーザー数の中からのコンバージョン数も考慮することで、より正確な結果を把握することが可能です。このような観点を持つことで、データ解析の精度を向上させることができます。

目的に合わない設定

Google広告の設定を行う際、視覚的に分かりやすい広告を選んでしまうが、その広告が自社の目的に合っていない可能性もあります。例えば、商品販売を目的とするWEBショップにとって、広告のクリック数が増加しても、それが商品の購入に結びつかなければ無意味なものとなります。作成する広告自体が目的に対応していなければCV計測の結果も意味をなさないため、CVの設定だけでなく、広告自体の設計も考慮に入れることが必要です。

CV計測の落とし穴を回避するために

以上のようなCV計測の落とし穴を回避するためには、まず「何を」「どのように」計測したいのかを明確にすることから始めます。そして、CV計測の設定以前に広告の設計段階から目的に合ったものを選ぶことを意識します。また、得られたデータを正しく解析するために、常にデータの解釈を検証し、鮮やかにする必要があります。これらを心掛けることで、Google広告のCV計測の落とし穴を回避し、広告運用の精度を高めることができます。

 

 

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Google広告