検索広告の成功を左右する!除外キーワードの使い方と設定方法

black Android smartphone showing google site on white surface リスティング広告
Photo by charlesdeluvio on Unsplash

除外キーワードとは?その必要性について

除外キーワードとは、自社の広告が表示されるキーワードの内、イメージダウンや心理的ブロックを生じる可能性がある単語、または広告の効果を水墜し、訴求力を持たない単語を指し示すものです。これを設定することにより、制限効果を高め、広告の効果を最大限に引き出すことが求められます。
適切な除外キーワードを設定する重要性は、無駄なクリックを削減し、広告の精度を高めることでROIを向上させることに繋がるからです。広告は表示されれば必ず予算が消費されますが、目的に沿わないユーザーに表示されてしまうと、ただ予算を浪費するだけでなく、最悪の場合はブランドイメージにもマイナス影響を与えます。
そのため、無駄な広告表示を避け、広告効果の最大化を図るうえで、適切な除外キーワードの設定は必要であり、広告運用における基本中の基本といえるでしょう。

除外キーワードの設定方法

除外キーワードの設定は、広告プラットフォームごとに細かな手順は異なりますが、基本的にはキーワード設定のページから行うことができます。
個別広告に除外キーワードを設定する方法と、アカウント全体に対して設定する方法があります。アカウント全体に設定するには、まず広告プラットフォームのダッシュボードにログインし、広告管理画面にアクセスするところから始まります。
次に設定タブをクリックし、さらに全体設定を選択します。そこから除外キーワードの設定画面に進み、必要なキーワードを入力するだけです。
そこには自由に除外キーワードを追加することができ、一つのキーワードごとに行ごとに入力することで、複数の除外キーワードを設定することも可能です。しかしながらキーワードを漏らさず確実に設定するには、常に細かなチェックが必要となります。

除外キーワード選定のポイント

除外キーワード選定の最大のポイントは、自社の商品やサービスを的確に理解し、「自社の広告には不適切」と判断できるキーワードを把握することです。
その際、自社のサービスの特性や掲げる価値 proposition、顧客の利益など、商品と消費者との関連性を完全に理解することが必要です。
さらに、運用を行う中で随時改善し、より詳細なキーワード設定に進化させることも大切です。自社の商品やサービスだけでなく、消費者の検索行動や嗜好も理解することで、適切な除外キーワードを設定することができます。
また、ポイントは変化するマーケット環境に対して敏感であることです。業界動向や消費者ニーズの変化に合わせて広告運用を見直すことで、最適な除外キーワードの設定が可能になります。

運用の実例と効果

具体的な運用の例として、あるアパレル企業では「自社ブランド名+偽物」や「自社ブランド名+悪評」といったキーワードに対して除外キーワードを設定しました。結果、これらの検索時に表示される広告が減少し、広告ROIが向上。
また、商品の品質やサービス内容に自信を持っている企業では、「安い」「格安」などのキーワードを除外することで、価格競争に陥ることなく上質なイメージを保つことを可能にしました。これは低価格を求めるユーザーではなく、より価値に敏感な顧客を引き付けるという戦略の一環であり、その後のブランドの品質イメージに貢献しました。
以上のように除外キーワード設定は、単なる広告の制御ツールとしてだけでなく、ブランドイメージや目指すマーケットへのアプローチツールとしても活用できます。
インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    リスティング広告