キーワードマッチタイプの種類と特性:リスティング広告の効果を最大化する方法

リスティング広告

キーワードマッチタイプの基本概念

Google AdwordsやYahooのスポンサーリンクなど、各リスティング広告プラットフォームではキーワードマッチタイプの設定が必須となります。キーワードマッチタイプとは、広告が表示される検索クエリとの一致度を設定することができ、広告の表示件数やクリック単価のコントロールに一役買っています。「ブロードマッチ」、「フレーズマッチ」、「エクザクトマッチ」、「広範(ブロード)マッチ修飾」の4種類があり、各々が独特な役割と特性を持っています。これらを理解し、適切に運用することで広告効果を最大化させることが可能です。

各キーワードマッチタイプの特性

「ブロードマッチ」はキーワードに関連する検索クエリを幅広くカバーし、広告のリーチを拡大します。しかし、関連性の低いクエリにも表示されるため、無駄な広告費を消費する可能性があります。「フレーズマッチ」は指定したキーワードが検索クエリの中に完全に含まれる場合に広告を表示します。完全一致よりも広範囲の検索クエリにマッチしますが、無関係なクエリに広告が表示される可能性は低くなります。「エクザクトマッチ」は指定したキーワードと完全に一致する検索クエリのみに広告を表示します。無駄な広告表示を防げますが、リーチが限られてしまいます。「広範(ブロード)マッチ修飾」はブロードマッチと同じく広範囲の検索クエリにマッチしますが、指定したキーワードが必ず含まれる検索クエリに制限します。これにより、一部の無駄な広告表示を防ぎつつ、広範囲にマッチします。

効果的なキーワードマッチタイプの選択手法

それぞれのキーワードマッチタイプを効果的に使用するためには、広告の目的、対象とする顧客、予算などを考慮し選択することが重要です。ブロードマッチは新商品の認知度向上やブランドリーチの拡大を目指すときに適しています。エクザクトマッチは、特定のキーワードに絞ってコンバージョンを増やしたいときに有効です。このように異なるマッチタイプを組み合わせることで広告の効果を最大化できます。初めてのキャンペーンでは、ブロードマッチで広告のパフォーマンスを見つつ、次第にエクザクトマッチに移行するという方法もあります。

キーワードマッチタイプの適切な設定と運用

どのキーワードマッチタイプを何パーセントの比率で使うべきかは、企業ごとに異なります。しかし一般的には、ブロードマッチ:フレーズマッチ:広範(ブロード)マッチ修飾:エクザクトマッチを3:3:2:2の比率で運用することが多いと言えます。余裕があれば、定期的に結果を確認し、キーワードマッチタイプの設定を見直したり、最適化することが重要なのです。これにより、プリンシパル(広告費を含む)が節約でき、結果的に利益を最大化させることが可能です。この点に注意し、キーワードマッチタイプの適切な設定と運用を心掛けましょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    リスティング広告