GA4のカスタムイベントとは?基本から応用まで徹底解説

white printer paper on macbook pro マーケティングツール
Photo by João Ferrão on Unsplash

GA4のカスタムイベントとは?

GA4のカスタムイベントは、Googleアナリティクス4.0の機能の一つであり、ウェブサイト内のユーザー行動をより細かく把握するための機能です。従来のGoogleアナリティクスではユーザー行動を詳細に追跡するためには、誰かがサイトを訪れた時やページを閲覧した時などの自動で追跡される”自動スコープ”イベント以外にも、ボタンクリックやフォーム送信などの”ユーザースコープ”イベントを自ら定義して計測する”カスタムイベント”がありました。しかしGA4では、これらの全ての行動が”イベント”として統一的に扱われます。その中でも、ウェブマスターやマーケターが自ら定義し追跡することができるのが”カスタムイベント”となります。つまりカスタムイベントは、自ら定義により自由自在に設定できるユーザー行動の追跡機能とも言えます。

GA4のカスタムイベントの設定方法

まず、GA4のカスタムイベントを設定するためには、先程も述べたようにGA4を利用することが前提となります。GA4は、既存のGoogleアナリティクスとは異なる新しいフレームワークで作られており、より詳細なユーザー行動追跡が可能です。GA4への移行は既存のアカウントと並行して新しくアカウントを作成することで行えます。次に、カスタムイベントの定義を行います。ここで言う”定義”とは、どのようなユーザー行動を追跡するイベントとするかを表現するための設定作業のことです。例えば、カートに商品を加えた時、定型の購入フォームを送信した時、特定のボタンをクリックした時など、自らが重要だと判断する行動をイベントと定義します。定義はGA4の管理画面から行うことができます。

GA4のカスタムイベントの活用方法

GA4のカスタムイベントを設定した後は、どのように活用するかが問われます。カスタムイベントは、ウェブサイト内のユーザー行動を詳細に把握することができるため、それを元に様々なマーケティング施策を考えることができます。例えば、商品詳細ページのボタンクリック数が想定よりも低ければ、ユーザーエクスペリエンスの向上やデザインの改良などにつなげることができます。また、特定のボタンクリックが購入に直結しているとすればそれを強化する施策を考えることができます。さらには、ユーザーの移動経路や訪問時間も分析することで、ユーザーフローの最適化も考えることができます。カスタムイベントは多機能で汎用性が高いため、デジタルマーケティングの幅広いフィールドで活用することが可能です。

GA4カスタムイベントの応用

最後に、GA4のカスタムイベントの応用について説明します。カスタムイベントは、上述のようにウェブサイト内の行動追跡に使うことが一般的ですが、それだけでなく広告投稿のパフォーマンス分析やABテストの実施などにも活用することができます。さらに、Google AdsやFacebook広告と連携することで、より効果的な広告配信が可能になります。例えば、カスタムイベントをトリガーにして広告を配信すれば、ユーザーが特定の行動を起こした時だけ広告を配信することが可能になります。これにより無駄な広告費を抑えつつ、ユーザーに適切なタイミングで広告を見せることができます。また、カスタムイベントの結果を基に仮説を立て、ABテストを実施すればウェブサイトの改善点を見つけることもできます。GA4のカスタムイベントは、これまでの一部ご紹介した活用法以外にも、無数の可能性を秘めています。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    マーケティングツール