Google広告の次なる一手!AR・VR技術を活用した広告展開

Google広告の進化に期待が高まる

インターネットの進化とともに、デジタルマーケティングの戦略も常に更新され、進化し続けています。中でも、Google広告はその変化を牽引してきた一方で、その進化のスピードと方向性には業界全体から常に高い注目が集まっています。最初のテキストベースの検索広告から始まり、ディスプレイ広告、動画広告、アプリ内広告、そして最近ではAIを駆使したスマートビッドなど、Google広告の進歩はその都度、マーケティングの可能性を広げてきました。

2021年、Google広告が進化の次のステップに向けて進めているのは、AR・VR技術の活用です。これは、見る者をまるでその場にいるかのような体験を提供する新たな広告手法で、想像力の域を超えたデジタルマーケティングの世界を展開しています。この記事では、その可能性とともに、デジタルマーケターと広告代理店の営業担当者が知っておくべき情報をまとめております。

AR・VR技術による広告展開の概要

AR(Augmented Reality)は、現実の風景にデジタルな情報を重ね合わせる技術で、VR(Virtual Reality)は、全く新しい仮想空間をつくり出し、その中で多くの体験を可能にする技術です。デジタル広告にこれらの技術を活用すると、顧客への訴求力が向上します。

AR・VR技術を活用した広告は、従来の広告と比べて体験性が高く、顧客とのインタラクションが可能となるため、広告メッセージの理解度を高め、印象に残りやすいメリットがあります。さらに、VRはスペースの制約を感じさせないため、新商品の立体的な展示や、店舗を実際に訪れることなく360度詳しく見ることが可能など、広告表現の幅を拡大します。

AR・VR技術による広告の作り方と活用事例

Google広告を含む各広告プラットフォームでは、独自のAR・VR技術活用プランを提供しています。例えば、Googleは「ARCore」、「WebAR」などの開発ツールを提供し、広告主が自社のAR・VR広告を作成しやすくなっています。これらツールを使用すると、商品を3Dで見せることや、仮想空間での体験を提供するなど、多種多様な広告表現が可能となります。

具体的な活用事例としては、家具やインテリアの販売を行っている企業が、消費者が自宅で商品を配置してみたいと考えた時に効果を発揮します。消費者はAR技術を活用して、購入を考えている家具を自宅に配置した際の様子をリアルタイムで確認することが可能です。一方、VRは不動産業界で有効活用されています。物件の内部や周囲の様子をVRで確認できるため、家から出ることなくリアルな物件の雰囲気を感じることができます。

AR・VR技術を活用した広告の未来

これらの様々な事例からもわかるように、AR・VR技術の活用は顧客体験を高め、広告の有効性を向上させる強力なツールとなることが期待できます。そして、スマートフォンやタブレットの進化、5Gの普及により、より一層その可能性は広がっていきます。

AR・VR技術を活用した広告展開は、まだまだ新分野であり、試行錯誤が求められる点も少なくありません。しかし、その反面、その先に広がる無尽蔵の可能性はマーケティング担当者、広告営業担当者にとって手を伸ばしたい魅力的な分野だと言えるでしょう。未来のデジタルマーケティングをリードする存在となるAR・VR広告について、積極的に学び、活用していきましょう。