SMN、「TVBridge Ads」に共通IDソリューション「IM-UID」を導入:その背景とメリット

Cookie規制・プライバシー関連

広告業界におけるユーザープライバシー保護の重要性

近年、ユーザープライバシー保護の重要性が高まる中、広告業界ではサードパーティCookieの利用制限が進んでいます。Googleは、2022年にChromeでサードパーティCookieのサポートを段階的に廃止すると発表しました。この動きは、ユーザープライバシーを尊重しつつ、広告主にとって効果的な広告配信を実現するための新たなソリューションが必要であることを示唆しています。

共通IDソリューション「IM-UID」とは

IM-UID(Identity Management User ID)は、インティメート・マージャーが提供する共通IDソリューションです。ユーザーのプライバシーに配慮しながら、広告主にとって効果的な広告配信を可能にするために開発されました。IM-UIDは、参加企業間で共有される匿名化されたユーザーIDで、サードパーティCookieに依存せずにユーザーを識別することができます。

TVBridge AdsへのIM-UID導入の背景

SMNのTVBridge Adsは、テレビCMとデジタル広告を連動させることで、広告効果を最大化するサービスです。しかし、サードパーティCookieの利用制限が進む中、より効果的な広告配信を実現するためには、新たなソリューションが必要でした。そこで、SMNはIM-UIDに着目しました。IM-UIDを導入することで、サードパーティCookieに依存せずにユーザーを識別し、プライバシーに配慮しながら効果的な広告配信を実現できると考えたのです。

IM-UID導入のメリット

ユーザープライバシーの保護

IM-UIDは、ユーザーのプライバシーに配慮して設計されています。個人を特定できる情報は含まれておらず、匿名化されたIDのみが共有されます。これにより、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、効果的な広告配信が可能になります。

正確なユーザー識別と効果測定

IM-UIDを使用することで、サードパーティCookieに依存せずにユーザーを正確に識別できます。これにより、広告主は適切なオーディエンスにリーチし、広告効果を向上することができます。また、正確なユーザー識別は、広告効果の測定においても重要な役割を果たします。IM-UIDを活用することで、より正確な効果測定が可能になり、広告主はROIの向上を期待できます。

シームレスなクロスデバイス広告配信

現代のユーザーは、スマートフォン、タブレット、PCなど、複数のデバイスを使い分けています。IM-UIDは、異なるデバイス間でユーザーを識別することができるため、シームレスなクロスデバイス広告配信を実現します。つまり、ユーザーがどのデバイスを使用していても、一貫性のあるメッセージを届けることができるのです。これにより、広告主はユーザーとのエンゲージメントを高め、ブランド認知度の向上や購買行動の促進が期待できます。

今後の展望

SMNがTVBridge AdsにIM-UIDを導入したことは、広告業界全体にとって大きな一歩となるでしょう。ユーザープライバシーを保護しながら、効果的な広告配信を実現するための新たなソリューションが求められる中、IM-UIDはその有力な選択肢の一つです。今後、他の広告プラットフォームやメディアでもIM-UIDの導入が進むことで、業界全体でのユーザープライバシー保護と広告効果の向上が実現されていくことが期待されます。

SMNのTVBridge AdsへのIM-UID導入は、広告業界の未来を示唆する重要な取り組みです。ユーザープライバシーを尊重しつつ、広告主にとって価値のある広告配信を実現するために、デジタルマーケティング担当者は、このようなソリューションを積極的に活用していく必要があります。IM-UIDを始めとする共通IDソリューションが、広告業界の発展と、ユーザーと広告主の双方にとってのメリット創出に貢献していくことを期待しましょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連その他広告