ポストCookie時代のデジタルマーケティング:企業の対応と代替手段

person holding brown cookies in close up photography Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Alexander Grey on Unsplash

ポストCookie時代とは:デジタル広告業界の新たな転換点

「ポストCookie時代」とは、個々のユーザーのウェブ閲覧行動を追跡し、その情報を元にパーソナライズされた広告を配信していたCookieが、プライバシー保護の観点から利用を制限される時代を指します。Cookieは、専門家たちによってデジタル広告の要とされてきましたが、欧州の一般データ保護規則(GDPR)や、GoogleがサードパーティCookieの廃止を予告するなど、個人情報保護の視点からその存在が問われています。このような変化はデジタルマーケティング全体に大きな影響を及ぼし、一部ではパラダイムシフトとも表現されています。業界全体でこの問題に対する取り組みが進み、企業もそれぞれ対策を講じていますが、一方的なユーザー追跡から顧客との対話に価値を置く新たな形のマーケティングが求められています。

企業の対策:ユーザー中心のデータ活用へのシフト

Cookie廃止に伴い企業が取り組むべきポストCookie時代の取り組みとして、まず第一に挙げられるのが、ファーストパーティデータへの注力です。ファーストパーティデータとは、企業が自社のウェブサイトやアプリ、オフラインで直接取得したユーザー情報です。これらの情報はユーザーが自分から提供したものであり、その使用に対する同意も得やすいという特長があります。企業は自身のウェブサイトやアプリなどのデジタルタッチポイントを通じて、より深い顧客理解を得るための情報を直接収集し、その情報を活用してパーソナライズされたコミュニケーションを実現することが求められています。

代替手段としてのコンテキストターゲティング

また、ユーザーの個別の行動追跡に頼らずに効果的な広告配信を行う手法として、コンテキストターゲティングが注目されています。コンテキストターゲティングはユーザーの閲覧しているコンテンツの内容やその状況を元に広告を配信する手法で、個々のユーザーの行動データに依存することなく、適切なタイミングと場面で広告を表示することが可能です。コンテキストターゲティングによる広告は、ユーザーの関心が高まっている瞬間に適切なメッセージを提供でき、またユーザーのプライバシー保護も確保できます。

今後の展望:顧客との協働的な関係構築と信頼の獲得

このようなポストCookie時代の環境下では、企業が顧客のプライバシー尊重しつつ、顧客との協働的な関係を構築しながら信頼を獲得することが重要となります。一方的に情報を集めてメッセージを押し付けるのではなく、「顧客の声」に耳を傾け、そのニーズや関心を理解して対話することが求められています。また、そのためにはデータ分析だけでなく、「人」の視点も重要となります。企業はデジタルマーケティングの領域で、データと人をバランスよく組み合わせることで、顧客一人ひとりと深い関係を構築し、長期的なビジネスの発展を目指すべきでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連