スマホ対応の重要性とは?モバイルSEOの基本と最適化ポイントを解説!

people sitting at the table SEO
Photo by Memento Media on Unsplash

スマホ対応の重要性

現代社会におけるインターネット利用の大半はスマートフォンからなされています。とりわけ、通勤や待ち時間など移動中の時間を利用してSNSやニュースサイト、ショッピングサイトなどを閲覧する人々が増え、スマートフォンはもはや情報通信のメインデバイスとなっています。この脈絡から、自社のウェブサイトがスマホ対応になっているかどうかはビジネス成果に直結する重要な要素であり、そのインパクトはますます高まっています。 スマホ対応とは、スマホの小さな画面でも見やすく操作しやすいデザインになっていること、ユーザーがスクロールやタップなどの動作で簡単に情報を得られること、画像や動画などコンテンツが早く表示されることなどです。しかしこのスマホ対応は、ただ単に表示させるだけの問題ではなく、SEO(Search Engine Optimization)とも深い関係があります。

モバイルSEOとは

モバイルSEOとは、スマートフォンでの検索結果の表示順位や、検索エンジンがウェブサイトをクロール(検索エンジンがウェブサイトの情報を収集すること)するための最適化をされていることです。スマートフォンの普及に伴い、Googleなど主要な検索エンジンはスマホ対応したウェブサイトを評価する基準を強化しています。 これはモバイルフレンドリーとも言い換えられ、ユーザーがスマホからアクセスしたときに違和感なく操作でき、必要な情報をスムーズに得ることができるかどうかが評価されます。そしてモバイルフレンドリーなウェブサイトは、検索結果の上位に表示されやすくなるというメリットがあります。

モバイルSEOの基本

モバイルSEOを評価する基準は様々ですが、特に重視されるポイントは以下の3つです。第一に、ページのローディング速度です。スマホからのアクセスはモバイルネットワークが使用されることが多いため、無駄なコードや大きな画像ファイルが多いと表示が遅くなります。 第二に、画面サイズへの対応の優れているかどうかです。スマートフォンの画面はPCよりも小さいため、レイアウトの工夫が求められます。必要な情報が一画面に収まるようにすると、ユーザーの利便性が向上します。 第三に、ウェブサイトの操作性です。スマートフォンはマウスではなく、指やスタイラスペンで操作するため、ボタンやリンクが小さすぎて押しにくいといった問題があります。スマホからの操作を意識した設計が求められます。

モバイルSEOの最適化ポイント

モバイルSEOの最適化を進めるにあたっては、まず始めに自社のウェブサイトがスマホ対応になっているかチェックすることが必要です。Googleが提供している「モバイルフレンドリーテスト」を使用すれば、無料で簡単にチェック可能です。 また、ページのローディング速度を向上させるためには、画像の圧縮や不要なコードの削除、サーバーの高速化などの施策があります。操作性の向上には、リンクやボタンのサイズを大きくしたり、スクロールを減らすために情報を整理するなどの工夫が求められます。 そして最後に、重要な情報は一番上に配置し、ショートコピーで情報を伝えるなど、利用者の視線動線を意識したデザインにすることが求められます。これらのポイントを押さえ、ユーザーフレンドリーでありながら検索エンジンからの評価も高いウェブサイトを目指しましょう。