TikTokの運用方法を解説!アカウントと広告の効果的な運用手法

person holding black iphone 5 TikTok広告
Photo by Solen Feyissa on Unsplash

TikTokの概要と特徴

TikTokは主に15秒から1分の動画を共有することができるSNSアプリです。最大の特徴は音楽と一緒に楽しく滑らかな動画を作成できる点で、特に若いユーザーからの支持を集め、急速にユーザー数を増やしている最先端のプラットフォームです。ソーシャルメディアの中でもユーザーのエンゲージメント率が高く、投稿動画に対する「いいね」やコメントの数が他のプラットフォームと比べて圧倒的に多いです。

TikTokのユーザー層は10代から20代の若者を中心に広がっています。そのため、この層にアプローチしようとする企業やブランドにとっては非常に魅力的なプラットフォームとなっています。また、TikTokはグローバル展開を進めており、190以上の国と地域で利用されていて、世界のどこでも共通のユーザー体験を提供しています。

TikTokアカウントの運用方法

TikTokアカウントの運用には、まず自分のブランドや商品を十分に理解し、それに合ったコンテンツを作成することが重要です。その際、TikTokの特性を考慮しながらコンテンツを制作することが求められます。例えば、音楽との連携、短時間での情報提供、エンターテイメント性の強いコンテンツなどが好まれます。

また、定期的にコンテンツを投稿し続けることで、ユーザーとの接触機会を増やし、ブランドの認知度を上げることが可能です。さらに、TikTokではユーザーとのコミュニケーションを大切にしているため、ユーザーからのコメントへの返信など、積極的なコミュニケーションをとることも重要です。

TikTok広告の運用方法

TikTokでは、主に4つの形式の広告が提供されています。それぞれが異なる運用方法と効果を持っているため、目的に応じて活用することが求められます。まず、「ブランドテイクオーバー」はアプリを開いたときに一番最初に表示される広告で、一日一社限定での掲蔵となっています。これにより一日で最大のリーチを獲得できます。

次に「インフィード広告」はユーザーのフィードに表示される広告で、ユーザーが自然に見てしまう形式であるため、ユーザーと深く関わることが可能です。また、「ハッシュタグチャレンジ」はユーザー参加型の広告で、ブランドのハッシュタグをつけて投稿を募ることで、広告をエンタテインメントとして楽しむことができます。最後に、「カスタムインフルエンサーパッケージ」は注目のインフルエンサーと協力しながら広告を作成し、その影響力を利用する形式です。

TikTok運用の注意点とまとめ

一方で、TikTokの運用には注意が必要です。最初に挙げた「音楽との連携」は、著作権問題をはじめとする法的なリスクをはらんでいます。また、若者であるユーザー層への配慮や、国や地域ごとの文化差への理解も必要となります。さらに、広告の運用では成果測定が難しく、目的に応じた広告形式の選択や最適なターゲティングが求められます。

以上のように、TikTokのアカウント運用や広告運用には、その特性を理解し、適切な戦略を立てることが求められます。しかし、それらを適切に運用することで、TikTokは新たなブランドの認知拡大や、若い世代への訴求力強化、グローバルなリーチなど、他のプラットフォームにはない魅力的な可能性を秘めています。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    TikTok広告