Google広告オークション分析レポートの使い方と活用法

person in black suit jacket holding white tablet computer Google広告
Photo by Towfiqu barbhuiya on Unsplash

Google広告オークション分析レポートの基本

Google広告オークション分析レポートは、競合他社と自社の広告パフォーマンスを比較できる有用なツールです。しかしながら、その機能を最大限に活用するには、正確に操作を理解することが必要不可欠です。ここでは、その基本的な使い方について解説します。

まず、このレポートを開くためには、Google広告のアカウントにログインし、「キャンペーン」タブを開きます。次に、左側のメニューから「オークションの洞察」を選択します。そこから特定の期間、キャンペーン、またはキーワードを選択してレポートを閲覧できます。

そのレポートには、「見込み客のシェア」「上位広告位の占有率」「絶対的な上位占有率」などの値が表示されます。それぞれ、あなたの広告が検索結果の何%を占めていたか、最も上位の広告として表示された比率、最上位に表示されていた比率を表しています。これらの値を通じて、あなたの広告が競争相手と比べてどの程度パフォーマンスしているかを把握することが可能となります。

オークション分析レポートの詳細的な活用法

さて、ここからが本題であるディープダイブなオークションレポートの活用法です。オークションレポートはただの数値だけの集合ではありません。適切な解釈と活用で、これらの数値はあなたのビジネスに大きな影響を及ぼす有益な情報を提供します。

たとえば、見込み客のシェアが低い場合、それはあなたの広告が検索結果に十分表示されていないことを意味します。これは、キーワードが広すぎる、予算が少ない、品質スコアが低いなど、さまざまな原因が考えられます。これらの問題を解決するためには、キーワードの絞り込み、予算の見直し、ランディングページの改善などを行う必要があります。

また、上位広告位の占有率が低い場合、それは競争相手に対してあなたの広告が不利な位置に表示されていることを示します。これは広告の品質スコアが低い、入札金額が競合他社より低い、などの理由が考えられます。

広告パフォーマンス改善のための分析

オークションレポートのデータから把握できる情報はますます重要になります。それらの情報を元に、あなたの広告キャンペーンのパフォーマンスを具体的に改善するための具体的な分析方法を見ていきましょう。

まず、品質スコアを改善することで見込客のシェアと上位広告位の占有率が共に向上します。品質スコアとは、広告のクリック率、ランディングページの関連性、広告の関連性等に基づいてGoogleが設定するスコアのことを言います。これを改善するためには、広告文とランディングページのキーワードの関連性を高める、広告文の説明性を高める、ユーザー体験を考慮したランディングページの設計等が有効とされています。

次に、入札金額を調整することでも広告の表示位置を改善できます。オークションレポートの表記から自分の広告が相対的に低い位置に表示されていることが分かれば、入札金額の引き上げを検討するのも一つです。

戦略的な広告運用への活用

Google広告オークション分析レポートは、事業成長のための重要な判断指標でもあります。各広告の競争状況やユーザーからの満足度を見ることで、どのキーワードが最も効果的であるか、また、どの地域や時間帯に広告を出すのが最も効果的であるか、といった戦略的な判断材料を提供します。

たとえば、オークション分析レポートから自社の広告があるキーワードで競争率が高くなる時間帯を見つけることができれば、その時間帯に広告を出し、競争を回避するといった選択が可能です。また、異なるキーワードで表示頻度が高い広告をみつけることで、そのキーワードに関連する新たなキーワードを見つけることで、より広範なユーザーに自社の広告を展開することも可能です。

Google広告オークション分析レポートは、様々な角度から広告パフォーマンスを分析することができ、それによって広告運用の戦略を最適化することが可能です。しかし、それだけでなく、広告の改善だけでなく、自社のビジネスそのものの強化にも繋がるのです。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Google広告